キャリア開発

【忙しい社会人に】Amazon audible(アマソンオーディブル)のながら聴きで勉強時間を確保

  1. HOME >
  2. キャリア開発 >

【忙しい社会人に】Amazon audible(アマソンオーディブル)のながら聴きで勉強時間を確保

ひよこくん
勉強する時間がない…!
何回言うのよそれ。
かまだ
ひよこくん
読書もしたんだけど、そもそも本を読むのが苦手だ!
まあそういう人多いからね。じゃあオーディオブックがおススメだよ。
かまだ
ひよこくん
なにそれ?
簡単に言うと本の朗読サービス。読むのが苦手なら聴けばいい。
かまだ
ひよこくん
か、画期的やー!!!!
うるさいな…。とりあえず一番有名な「Amazon audible」について見ていくべ。
かまだ
ひよこくん
ラジャー!!!


◆この記事を書いた人

名前:かまだ

前職がブライダル。

現在人材会社で営業管理職。

前職では月100~150時間の残業で精神を摩耗する日々。

転職したことによって残業時間が10分の1以下に、

年収は3倍になりました。

現在もキャリアアップを目指して勉強中。

Amazon audibleでながら聴きのススメ

まさか本を聴く時代が来るとは思いもしませんでした。

英語教材などはすでにオーディオ学習が一般的でしたが、通常の本でそれを体験できるのは画期的ですよね。

とはいってもオーディオブック時代は数年前からすでにリリースされていたのですが、ここ最近はより活発化しています。

初月は無料なのでまずは試してみてくれ!というのが本音ですが、audibleのメリットとデメリットを見ていきましょう。

無料登録はコチラ⤵

Amazon audibleのメリット4点

Amazon audibleのメリット

①ながら聴きできる

②スキマ時間を有効活用できる

③読書が苦手でもインプットしやすい

④初月無料でベストセラーがどれでも読める

結論は上記4点になります。

私たちはインプットをする上で【目からの情報を入れるのが得意な人】【耳から情報を入れるのが得意な人】がいるそうです。

僕は圧倒的に後者なのでオーディオブックがインプット方法としてはまりました。

ながら聴きできる

これ圧倒的にメリットだと思うんですよね。

ニュースサイト、テレビ、マンガなど、視覚から情報を得ながら同時にインプット出来るとか素晴らしくないですか?

「いやいや、そんなのごちゃごちゃしちゃってまともにインプットできないでしょ」

と思う人もいますよね。

ただ僕たちには【カクテルパーティー効果】という認知バイアスが自然とかかっており、自分が知りたいもの見たいものが自然と頭に入ってくるようになっています。

自分が興味があるタイトルを選べば、それだけで重要な部分はインプットされるようになるでしょう。

それにどれだけ時間をかけて本を読んでも、インプット出来るのはほんの数%のみです。

もし本当に細部までインプットしたいのであればオーディオブックであれ本であれ、何回も読み直し・聴き直しをする必要があるでしょう。

②スキマ時間を有効活用できる

日本人のスキマ時間は合計すると【1時間6分】が平均だと言われています。

audibleで2時間かかる本を2倍速で読めば、スキマ時間で本を1冊読み終わる事も可能です。

2倍速で読んで、理解できるものなのか?という疑問もあると思いますが、結論できます。

最初は1.5倍くらいの速度で始めていくとちょうどいいでしょう。

すぐにその速度にも慣れてくるので、そうしたら2倍・3倍と速度を上げていく事でインプットの時間も短縮していけます。

また通常の倍速以上のスピードでインプットを行う事を「速聴」といい、脳の情報処理速度を上げる効果もあるそうです。

③読書が苦手でもインプットしやすい

本を読むと眠くなる…って人も結構多いですよね。

僕もそのタイプです(そして本当に寝ます)。

前述の通り、人の認知能力として【目からの情報を入れるのが得意な人】【耳から情報を入れるのが得意な人】がいるそうです。

正確には6種類くらいの認知タイプに分けられるのですが、ここでは割愛します。

で、耳からのインプットが得意なタイプの人は「聴覚言語タイプ」と言われており、このタイプの人はオーディオブックが特におすすめです。

正確にテストする方法もありますが、今まで読書しても眠くなる、頭に入ってこないという方はこの聴覚言語タイプに当てはまる可能性が高いでしょう。

是非オーディオブックや、YouTubeでのながら聴きでのインプットをおすすめします。

④初月無料でベストセラーがどれでも読める

登録が無料なのは珍しくないですが、プラスでどのオーディオブックでも1冊無料で買えちゃいます。

通常価格で購入すると2000円~3000円程かかるので、それだけで登録する価値はありますよね。

しかも初月で退会したとしても、購入した本はそのまま視聴できるのもポイントです。

さすがAmazon、太っ腹ですぜ。

ちなみに僕は最初の1冊を「嫌われる勇気」を読みました。

この本は実際に電子書籍版も購入しているのですが、自分にとってどちらのインプット方法が合っているのか試したかったからです。

結論は、圧倒的にオーディオブックの方がよかったですね。

理由は上述した通りです。

無料登録はコチラ⤵

Amazon audibleのデメリット4点

今まではメリットを書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。

audibleのデメリットはこちらの3点です。

Amazon audibleのデメリット

①書き込みができない

②普通に聴くと長い

③絵や図式がメインの本は向いていない

①書き込みができない

読書家の方のほとんどが、本へのラインやメモの書き込みをするインプットとアウトプット法を推奨しています。

なのでオーディオブックはそれができないのですが、もちろんノートや他デバイスにメモはできます。

また好きな場所でブックマークとメモを残すこともできるので、僕自身はそれほど不便には感じませんでした。

②普通に聴くと長い

ちなみに僕が最初に購入した「嫌われる勇気」は通常速度で聴くと7時間弱の超大作です。

これを普通に聴いていたらスキマ時間の活用♪とかは言ってられないですよね。

なので、上述した通り【倍速での再生】をオススメしています。

むしろ倍速再生しないとオーディオブックの良さが半減すると言っても過言ではないかもしれません。

3倍速での視聴が可能になったら、今までのインプット量とは比べ物にならない知識を手に入れることになるでしょう。

③絵や図式がメインの本は向いていない

口コミを見て頂けるとわかると思いますが、絵や図解などでわかりやすく書かれている本のレビューは散々なものです。

そもそもそういった本は可能な限り視覚情報を用いてわかりやすく読まれるように出来ているので、オーディオブックには向いていません。

ちなみに図解以外でも【読み手の声が気に食わない】というのも結構苦痛です。

幸い、今のところそういう読み手にはぶつかっていないですが、自分と合わない声を聴き続けるのはとんでもない苦痛なので、必ず試聴をしてから購入するようにしましょう。

まとめ

最後にAmazon audibleのメリットとデメリットを並べると、

Amazon audibleのメリット

①ながら聴きできる

②スキマ時間を有効活用できる

③読書が苦手でもインプットしやすい

④初月無料でベストセラーがどれでも読める

爆速インプット法

①書き込みができない

②普通に聴くと長い

③絵や図式がメインの本は向いていない

こんな感じですね。

ひよこくん
まずは聴いてみるまで良いのかわかんないな…。
そのための無料体験だな。
かまだ
ひよこくん
そうだね。聴いてみて合わないならやめればいいしね!
オーディオブックによるインプットが全てじゃないから、自分に合う方法を探すといいと思うよ。
かまだ
ひよこくん
そうします!
それでは良いインプットを!
かまだ

無料登録はコチラから⤵


その他インプット方法に関する記事はコチラ⤵

【忙しい社会人に】Kindle Unlimitedの部分読書で勉強時間確保

【忙しい社会人におすすめ】本の要約アプリ「flier」で1日5冊インプット【学習サービス】

-キャリア開発

© 2022 はたらくひとのとしょかん Powered by AFFINGER5